IT information IT通信ブログ

アクセス解析で見るべきポイント本当に知っていますか?【レベルアップ編】

カテゴリー:

みなさんこんにちは。

竹井です。

前回のブログではアクセス解析について簡単にお話ししました!

みなさん!読んで頂けましたでしょうか‥!(読んでるって言ってほしい‥)

耳

今回は新しいお題に行くかと思いきや…レベルアップを図るべく、

アクセス解析についてもっと深掘りしたお話しをしていきたいと思います。

では軽くおさらいを!

アクセス解析とは

WEBサイトに訪れた人の行動を解析すること

ではなぜそれを調べる必要があるのか

WEBサイトなどの結果やその時の状況を数字で把握するため

現状を知り、明確目標を決め、試行錯誤を繰り返す(ほらダイエットの話ですよ!ダイエット!)

商品をもっとかってほしい。企業をもっとPRしたい。

という目標を達成するためにもアクセス解析が必要というわけなのですね。

まず今回はこのサイトの目的・目標を明確にしていきましょう!

実は…サイト運営の目的は大きくこの3つに分けることが出来るのです。

①    多くの人にサイトにきてほしい【知名度UP】

②    サイトから資料請求やお問合せをしてほしい【見込み顧客リストの獲得】

③    サイトで商品を買ってほしい【売上UP】

簡単にいってしまえば…

より沢山の人にサイトに来てもらって、売り上げにつなげたい!ということです!

それを達成するためにアクセス解析で見るべきポイントって?!

①   ユーザーがどんな経由でサイトに来ているか

②   訪問のキーワードが狙い通りであるか

③   問い合わせページ・買い物かごへのアクセスはあるか

(なるほどーポイントをまずは3つに絞ればいいのですね!これなら初心者でも分かりやすい!)

では1つずつ説明していきますね!

先生

①ユーザーがどんな経由でサイトに来ているか

まずはそもそもどんな流入元があるの?

・グーグル検索やYahoo検索のような検索サイト

・SNSなどのソーシャルメディア

・ソーシャル以外のサイト(ブログなど)

・直接のアクセス

この4つに分けられるのです!つまり…

この4つの項目からバランスよくアクセスがあるというのが理想な状態なのですね。

②訪問のキーワードが狙い通りであるか

見てもらいたい人が実際にねらったキーワードで検索しているかということです!

狙った検索ワードでの訪問が少なかった場合は、それが増えるようにコンテンツを追加する必要があるってわけですね。

dd

「アクセスが多い(サイトに人がたくさん来ている)=ホームページの成果が出ている」

訳ではないということ。「誰に見てもらいたいか」を考えなければいけないのですね。

③問い合わせページ・買い物かごへのアクセスはあるか

コンバーションの手前にあるページの状況をまずはたしかめてみましょう!

(あれ?コンバーションって何だっけ…?)

コンバーション…商品の購入や会員登録、お問合せなど、WEBサイト上で獲得できた成果のこと!ですね!

ff

ここのアクセス数がもし少ないのであれば、ユーザーがコンバーションしたくなるような改善が必要なのですね!

(例えばコンテンツを調整してみたり‥分かりやすい表示に変えてみたり‥最後の一押しがどうしたらできるのか?ということを考えてみます!なるほど~)

今日のまとめ

これでサイトのどこに問題があるのか、何を改善していくべきなのか

ということも明らかになってきそうですね!!

まずはサイトの目的を決め、現状を把握する、その上で改善!

内容は少しレベルアップしましたが、前回といっていることは同じですよね(^^)/

サイトの役割とは何なのか、ここをはっきりさせることで

やるべきことが明確になっていきそうです!

(いつも思いますがサイトって奥が深い…分からない事しかありませんが分かると楽しいですね‼(笑))

では、では、次回もお楽しみに!!