Cube Blog キューブのブログ

2006.12.25

ブログ

映画で英語

気に入った映画は何度も見ます。好きな言い回しがあれば覚えられるようになるまで見ます。DVDだと英語字幕が出ますが、なかなかストーリーに沿って読みきれないのが現実です。一時停止にしてノートに書きとめ、また巻き度もして…という作業が非常に厄介です。

そこで、こういう本はいかがでしょうか?

4894072858.09.MZZZZZZZ
スパイ・ゲーム―名作映画完全セリフ集
曽根田 憲三
(ネタばれになりますのであらすじは一番下にあります)

この映画はブラッド・ピットよりもロバート・レッドフォードがいい!世間ではあまり評価が高くない作品ですが、レッドフォードの仕草や表情がたまりませんでした。

さてこの本の説明ですがAmazonより引用します。

—商品の説明—
映画のセリフとト書き(シーンの説明)を完全に英語及び日本語で文字化。読み物としても楽しめ英会話学習にも役立ちます。英語のスキルの中でも、特に難しいとされる「ネゴシエーション」を疑似体験するには格好の教材。この映画に登場する専門用語は、実際に話題に上ることが多く、英語の新聞やニュースを観る際にも必須と言える類のものばかりです。—Amazonより引用—

ビジネスになると話は別ですが、日常会話ならリズムとイントネーションさえ真似れば何とか伝わると思います(体験者談)。

映画が好きな人は、こういったスクリーンプレイ本(完全セリフ集)というのがありますので、試しに1冊買ってみてはいかがでしょうか。自分の好きな映画なら、意外なほどすーっと英語が頭に入ってきます。何度か読めば、字幕無しで見ることが出来るはずです。字幕と比較したり、字幕無しで見ると、またその映画の新たな1面を垣間見ることが出来るかもしれません。

以下あらすじです

—あらすじ—
CIA局員ネイサン・ミュアー(ロバート・レッドフォード)は、退官当日、自らスカウトしスパイに育てたあげたトム・ビショップ(ブラッド・ピット)が中国で投獄されたことを知る。トムに残された時間は24時間。CIAはネイサンにトムに関する情報の提供を命じる。ネイサンは、CIA内部の様子をうかがいトム救出の道を探るため、これまでトムとともに手がけた任務について語り始める。
—CinemaScape-映画批評空間-より引用(http://cinema.intercritique.com/)—

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop