IT information IT通信ブログ

最近よく見る「ストーリー仕立てのWebサイト」とは

カテゴリー:Webサイト制作

5dc75f5238ff3a38e9edb96ffe8897c6_s

こんにちは、吉本です。
先日雨予報の中ゴルフに行ったら見事に晴れて自称晴れ女になれました^^

Webサイトの企画やディレクションに携わっていると
「最近なにが流行っているんですか?」とよく聞かれます。

気になりますよね、流行りとかトレンド。
折角Webサイトを作るのであれば、取り入れたくなる気持ちとてもわかります!

ということで、今回は2016年以降よく見かけるトレンドで、
特に私の好きなWebサイトの作り方をご紹介いたします。

b9197dd018d94774705609ddd6866583_s

■ストーリー型のWebサイト「ストーリーテリング」 

以前から主流になってきている1カラムやシングルページデザインのWebサイト。

もちろんメリットデメリットはありますが、
ダイナミックに表現ができ、デザイン性も出せるので、
個人的にはとても大好きなWebサイトの作り方です。

でも問題は・・

縦に長く伸びるサイトでは、
ユーザーは最後までスクルールせずに離脱してしまう
ということ。

スマホが主流になり、
ユーザーがスクロールすることに抵抗がなくなってきたとは言えど、
やっぱり単純に縦にズラズラと長いページは、飽きてしまいがちですよね・・。

そこで、 ページ全体を1つのストーリーに見立てて構成し、
ユーザーを惹きつけるページに仕上げるのが「ストーリーテリング」
です。

この「ストーリーテリング」は、デザイン・コーディングも大切ですが、「続きが読みたい」と思ってもらえる魅力的なストーリーを作る「構成」が最も重要に。構成を作るディレクション側の腕がなるWebサイトですね!

そして、スクロールしていきながらコンテンツが現れる、
そんな仕掛け(動き)も実装するのが「ストーリーテリング」と言われるWebサイトです。

■■私のお気に入りサイト「NikonDirect」さん■■
http://shop.nikon-image.com/nikon1/nikon1aw1/

こちらのサイト、コンテンツでストーリーを構成しながら、
性能やスペックを動きとデザインでアピールされています。
はじめて見たときは凄すぎて衝撃を受け、とても興奮しました…。
(こんなサイトいっぱい作っていきたいな~!)

===

「ストーリーテリング」って、商品や人を紹介するサイトには向いてるけど、
企業のサイトには向いてないんじゃないの?と思われがちですが、
実はそうでもないんですよ。

自社の創業~今後のビジョンをストーリーで構成したり、
オーナーの想いや企業イメージをストーリーにしたり・・
意外とコーポレートサイトでも出来ちゃうのではないかと思います!

もしかすると「集客」には向いてないかもしれませんが・・
企業イメージを一新させ、他社との差別化を出すにはピッタリかもしれません。

新しい企業のイメージアップに取り入れてみてはどうでしょうか^^