Cube Blog キューブのブログ

2022.10.31

ブログ

良いホームページ制作のためにディレクターが心掛けていること

こんにちは。Webディレクターの吉田です。

 

Webサイト制作は、デザイナーやコーダーといった様々な専門スタッフがチームとなりプロジェクトを進めていきます。
その中で、お客様と直接お話させて頂いているのが、Webディレクターです。

 

CUBEでは、初めてお問い合わせを頂いた段階から、Webディレクターが対応させて頂いていております。
制作開始後は、お客様とチームスタッフの間のパイプ役、制作進行管理等、円滑にサイト制作ができるよう遂行していきます。

 

今回は、より良いホームページをお作りするために、CUBEのWebディレクターが心掛けていることをご紹介します。

話しやすい空気感

ホームページ制作を最後まで円滑に遂行し、より良いものをお作りするために、とても大切なコミュニケーション。
制作過程でのヒアリングでは、どんなホームページににしたいかはもちろん、お客様の課題や将来のビジョン、事業に対する想いやこだわり等、できる限り色んなお話をお伺いしたいと考えています。

そのためにも、話しやすい空気感はとても大切。表情や相槌、話し方、CUBEのWebディレクターは女性ということもあってか、細やかな気配りも得意で、柔らかい雰囲気は出やすいかなと思います。話しやすいと色々お話も弾み、お客様の事業への興味も深まっていくので、より一層いいご提案がしたい!という想いが沸いてきます。お客様にとって大きなコストや時間をかけて取り組むホームページ制作のパートナーとして、気軽に相談しやすく、安心してお任せ頂けるといいなと思いながら、日々お客様と接しています。

客観的な視点でのご提案

私たち制作会社のスタッフは、それぞれのお客様の会社の中の人ではないからこそ、顧客の目線に立てるのだと思います。

ホームページを制作する際、「こう見せたい」「あれも言いたい」「これも言いたい」と主観的な見方になってしまうことがよくあります。果たしてそれが顧客のニーズに合っているのか、顧客にとってわかりやすく使いやすいホームページをお作りし、目的を達成できるよう、常に客観的な視点を持ってご提案ができればと思っています。

丁寧にわかりやすくスピーディに

お客様のご要望、目的、好み、こだわり等踏まえ、実際に手を動かして制作を行ってくれるデザイナーやコーダー。

デザイン制作の段階では、参考サイト等も合わせてイメージしやすいように伝えていますが、細かい点は、デザイナーに任せ良いアイデアを出してもらい、そこからまたお客様のフィードバックも踏まえてブラッシュアップしていきます。

またお客様からの資料や修正のご指示等は、自分が理解しやすいというのもありますが、右から左…にならないように、しっかり確認し整理して伝え、対応したものに間違いがないかもしっかり確認してお客様にお送りします。私はお客様とスタッフを繋ぐ役割なので、ここで止めてしまうことがなくスムーズな進行ができるよう、できるだけ速やかな確認を心掛けています。

わからないことは、プロに頼る!

Webディレクターは、元々デザイナーや、エンジニアからの転身の場合は、その経験が活かせることもありますが、基本的には自分で制作をしているわけではないし、細かい所までは詳しくわからないこともたくさんあります。

そんな時は自分で調べることももちろんありますが、それぞれのプロであるスタッフに聞いてしまった方が、早いしわかりやすくて、何より心強い。相談しておくことで、後々作業に入った時にもスムーズになることもあります。

CUBEには、頼れるスタッフがたくさんいて、安心です!

まとめ

これでいいのかな?と試行錯誤の連続ですが…「笑顔で、愛想よく」これが、一番心掛けていることかもしれません…

ホームページ制作は、お客様と制作スタッフの協力が不可欠です。本業の合間に資料提供やご確認等ご協力を頂くお客様、想いや考えを汲み取り良い提案をしてくれるスタッフへの感謝の気持ちを忘れず、安心と信頼を頂き、楽しみながら一緒に取り組んでいけるように、日々精進していきたいと思っています。

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop