Cube Blogキューブのブログ

参考

サービス紹介

2018.12.12

GoogleMapsが表示されなくなりお困りの方へ

このページではGoogleマップが正しく読み込まれませんでした。

アクセスのページや会社案内ページで組み込んでいるGoogleMapに、このようなエラーが表示されていないでしょうか。
2018年6月11日より、Google Maps APIの仕様が変更になり、APIキーを設定しないままGoogle Maps APIで地図を読み込もうとするとこのようなエラーが表示されるようになりました。
どのような場合、APIが使われているかと言うと、例えば、地図の色を変えたり、ピンの形を変えたり、1つのマップに複数のピンを立てたりした場合に起こっています。

エラーを回避するには

このエラーを回避するには、Google Maps PlatformでAPIキーを取得する必要があります。
注意すべき点は、APIを発行するときのアカウントにクレジットカード情報が紐付いていなければなりません。無償枠(200ドル)を超えた場合、支払いが発生するので支払い情報が必要になるというわけです。

会社の地図を表示させているだけであれば1ヶ月あたりの無償枠で事足りるかもしれませんが、店舗や施工実績をマッピングしたりすると地図の移動・再表示の回数が多くなり、無償枠を超えてしまう可能性があります。
普通の埋め込み地図は引き続き無償で使用できますので問題ありませんが、GoogleMapをカスタマイズして組み込んでいる方は有償版に移行しなければなりません。

有償化の流れは止められない

無償で始まったサービスが、有償に移っていくのは必然の流れではありますが、制作する側にとってはなかなか頭の痛い問題です。支払い金額の上限の設定もできるので、お試しでどれくらい費用がかかるのか試してみると良いと思います。
使用するマップの種類や表示方法によって料金が変わってきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

Google Maps Platform
https://cloud.google.com/maps-platform/

料金表
https://cloud.google.com/maps-platform/pricing/

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

  • 0120-829-943
  • 06-6313-5600

CONTACTメールでお問い合わせ

pagetop