Service採用支援

厳しい採用活動の現状

経営課題の首位を締める「採用活動」求人広告を出し続けても、
応募者の数は自体減る一方です。今や、会社が人を選ぶ時代から、
会社が人に選ばれる時代となりました。

あまり多くを考えずに、これまでと同じやり方で求人を行っていても、他社と同じことをしていても、予算はどんどんと減っていくばかり。そろそろ何とかしないと…と頭の片隅で考えるところで、
じゃあ何をしたらいいのか?
採用担当の皆様は、頭を悩ませる一方です。

自社ホームページを活かした
採用活動のご提案

求人媒体に掲載したからといって、応募者が来
るかどうかも、
良い人と巡り合えるかも保証はな
い中、度重なる掲載料は経営予算を圧迫します。
また多様な起業が同じテンプレートで情報を配
信している求人媒体で、
星の数ほどある会社の
中からどう選べばいいのかに頭悩ませる求職者
の気持ちもあります。
そこで、キューブでは、自社ホームページを活か
した採用サイトをご提案いたします。

  1. 御社の色を惜しみなく出して、
    社風をアピール

    求人媒体に掲載したからといって、応募者が来るかどうかも、良い人と
    巡り合えるかも保証はない中、度重なる掲載料は経営予算を圧迫します。
    また多様な起業が同じテンプレートで情報を配信している求人媒体で、
    星の数ほどある会社の中からどう選べばいいのかに頭悩ませる求職者の
    気持ちもあります。そこで、キューブでは、自社ホームページを活かした
    採用サイトをご提案いたします。

  2. リスティングやSNS広告を使って、
    アクセス収集

    業種で絞る、地域で絞る、という絞り込みも良いですが、
    GoogleやYahoo検索エンジンの「検索連動型広告(リスティング広告)」では、
    クリックがあるごとに課金される仕組みで、地域を絞った配信を低予算で
    始められます。応募を止めたい時にもすぐに反映できます。
    また、FacebookなどのSNS広告では、
    年代・性別・居住地など様々な属性で絞り込みが可能です。
    ターゲティングでき予算が組みやすい無駄のない集客方法です。

  3. 求人媒体と
    併用することで、効果UP

    求人媒体を使用する場合も、数々の同業他社との比較材料として、
    自社採用ホームページは効果があります。
    情報量が少ない会社と情報量が多い会社では、
    応募数も倍以上変わってきます。
    求人媒体に載せきれないオリジナリティや社風、
    求職者へのメッセージを掲載して求職者の心をつかみます。

採用・求人用サービス

求人用会社案内
パンフレットの作成

求人用会社案内パンフレットは、営業用と求職者用で
見る人の知りたい情報が全く違います。伝えたい内容を
魅力的なデザインで表現して、求人用パンフレットを作成しませんか?

pagetop