Marketing Blog マーケティングブログ

2015.04.24

マーケティング

SNSを上手に活用して事業の効果アップへ

af9960012084l
Facebook・LINE・Twitter・Instagram・・・

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といわれる
無料で使えるサービスツールはたくさんあります。

ここ数年で企業様がSNSを利用されているケースもたくさん増えてまいりました。

私が考える、企業様がSNSを活用するポイント(メリット)は、対お客様とコミュニケーションが取れるところだと思います。お客様の声を拾うことは、事業を発展していくうえで欠かせません。

「お客様の声をいかに企業の発展につなげるか」
特にサービス業や販売業、飲食店といったエンドユーザー(BtoC)を相手にされている事業様は非常に使いやすいツールだと思います。

「無料」「Webサイトに埋め込めんで更新を一括に」など、その他利点はございますが、折角利用するなら上手に活用していきたいですよね。

SNSを上手く活用し「集客」につながっている事業例もあります。

ここではそんなSNSのそれぞれの特徴を理解していただき、明日からのSNS効果につなげていただければと思います。(あくまで私の個人的な見解です。)

Facebook

今や「Facebookを知らない」という人も数少なくなってきたのではないでしょうか。
企業様がFacebookを利用される場合、Facebookページを作成されることをおすすめします。個人事業主様がよく「プライベート」と「仕事」の両方を同アカウントで投稿されているケースを見掛けますが、個人的にはあまりおすすめしません。

事業で活用していくためにはきちんとFacebookページを作り「いいね」や「シェア」をたくさん獲得し、拡散していきましょう。記事が検索結果に反映されるわけではないので新規顧客獲得に繋がりにくいところはありますが、最低週3回は更新し、まずはFacebook内の検索を上げていきましょう!

Twitter

Facebookと同時期くらいに流行り始めたTwitter。
集客するならFacebookよりも断然Twitterと言われた時期もあります。

個人的にTwitterの利点は「検索」ができるとこではないかと考えます。
Twitter内で「ホームページ」と検索するとたくさんのツィートがヒットされます。
ですが、「ホームページ 大阪」と検索すると、数少ない名前がヒットされます。
このように上手くキーワードを活用し、まずは閲覧してもらいましょう。

LINE

LINEがリリースされたのは2011年6月。
スマートフォンに乗り換える人が急増した時期です。
「乗っ取り詐欺」などでも賑わいのあるLINEですが、ここでは事業の活用方法を・・。

事業でLINEを活用するためには、こちらもFacebook同様「アカウント」を作成することをおすすめします。LINEは「新規獲得」よりかは「リピーター向け」のツールかなと思いますので、リピーター様向けにキャンペーンを打ち出す際などに活用していただけるのではないでしょうか。
直接来店や接触されたお客様に「お友達」を促し、キャンペーン情報などを配信していきましょう。

Instagram

Instagramという言葉を聞き出したのはここ最近のような気がしてましたが、リリースされたのは2012年4月と結構前なんですね。。
Instagramに関しては正直模索中のところがありますが、写真加工の種類が豊富で簡単に更新できる点は、どのSNSと比べても使いやすいツールではないかと思います。

写真加工という意味では「アパレル事業」や「美容室・サロン様」なんかが有効に活用されています。Facebookと連動されている方も多いですが、個人的にはTwitterと同様、「ハッシュタグ(#)」で検索に引っかかる点を利用していくべきかと思います。

いかがでしたでしょうか。

どのSNSでも言えることは「拡散が大切」ということです。
また、折角見に来てくれたのに「更新が途絶えている」「情報が古い」という現象が起きてしまうと、一番マイナスとなってしまうポイントでもあります。

どれもこれも更新しないといけないというのも大変です・・。

SNSはたくさんありますが「自分の事業発展に一番使えるのは何か」「SNSを事業に利用する目的」を考え、集中して取り組めるSNSを見つけ、活用していくことが一番最適な手段かもしれないですね。

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop