Marketing Blog マーケティングブログ

2019.10.30

Webサイト制作

LPO(ランディングページ最適化)とは何か

LPOとはLanding Page Optimizationの略で、ユーザーが最初に訪れた(着陸した=Landing)ページ(Page)を見やすく有益だなと感じてもらうこと――つまり「最適化」(Optimization)することを示した言葉です。

 

もしもユーザーがランディングページを見て、内容を期待外れだと思うと、そのまま離脱してしまうことになります。離脱させることなくそこからユーザーを資料請求ページや問合せページに誘導するには、どうしたらいいのかが重要です。

 

ランディングページの目的

これまでのSEOは、とにかく流入をたくさん増やすことである、と考えられてきました。大量の1枚ページだけの中身の薄いペラサイトや、不正あるいは価値の低い外部リンクを大量に用意したものなど、とにかくなんでもいいからユーザーを引っ張ってくればよいのだ、という発想が蔓延した時期もありました。

 

しかし、こうした類の劣悪なサイトはGoogleのメジャーアップデートの1つである「パンダアップデート」によって駆逐され、外部リンク問題は「ペンギンアップデート」でかなり下火になりました。このことをご存知の方もいることでしょう。

 

ランディングページの目的を再認識

ここで、ランディングページの目的を再認識することが欠かせません。
ランディングページの目的は「サイトに流入した見込み客を次のページに誘導し、最終的にコンバージョンさせること」です。

 

リスティング広告やオーガニック検索の順位向上の目的が、単にユーザーを流入させるところまでであることとは違います。

 

従ってランディングページの最適化とは、ユーザーがアクセスした後の離脱率(そのままブラウザを閉じるとか、他のサイトに行ってしまうことの割合)を如何に下げるか、ということを意味します。

 

期待する情報にすぐたどり着くことが大事

例えば工具のドリルを探しているユーザーがいたとします。そして検索エンジンからホームセンターサイトに辿り着きました。

「自分のあけたい穴を開けるドリルはあるかな」と、期待してアクセスしているのに……ホームセンターで取り扱う各種商品が所狭しと並んだカタログページにランディングし、ドリルと言う商品が全く見当たらないページだったら、どんな気持ちになるか想像がつくでしょう。

 

サイトリンクをたどってドリルのページを見つけ出してくれたらよいですが、多くのユーザーはそのまま離脱してしまいます。

 

こんなことにならないために、ユーザーが最初に訪れることとなるランディングページには、見込み客を逃さないための仕掛けが必要です。

 

LPOではこんな仕掛けが有効

ユーザーに関心を持ってもらえるストーリーが大切

英語教材を例にします。

 

例1

「この教材を使えば単語力がすごく付きますよ!」

 

――これでは、良いランディングページとはとても言えません。
「この商品を買ったら便利だ」ということを提示するのみで終わってはいけないのです。もう一歩、そこからユーザーの求めるものを掘り下げてます。

 

例2

「あなたの悩みは、この商品があればこんな風に変わりますよ」
とユーザーに訴えかけるような仕掛けの有無が、最終的にコンバージョンページまで誘導する鍵となります。

 

この仕掛けを作ることがLPOです。

 

改めて要素ごとに箇条書きで示しますので、ぜひ自社の製品に当てはめたストーリーを当てはめましょう。

 

1.ファーストビュー

(最初のキャッチコピーとインパクトある画像で全体のイメージを提示)

 

2.問題提起・興味喚起

(今の貴方に足りないもの、不安に思ってるのはこういうことですねを確認)

 

3.共感してもらう

(この商品を購入して問題解決をした購入者の声を乗せる)

 

4.解決法を提示する

(この理由で問題が生じているのですよ、こうすればいいですと語りかける)

 

5.クロージング

(今なら間に合う! というような部分を刺激する)

 

さいごに

ランディングページの役割は、サイトに来てくれた潜在客を離脱させず、顕在客に変えることです。
サイトに誘導するまでがSEOではありません。サイトに来てもらってからが、本当のSEOの勝負だといえるでしょう。
ぜひLPOをマスターすれば、成約率の高いサイトを構築可能となります。

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop