Marketing Blog マーケティングブログ

2020.03.23

マーケティング

Googleの検索エンジンの仕組み

この記事では、技術的専門職の方ではなくWebマーケティングを行う方に対して、検索エンジンが検索結果を表示する仕組みについて解説します。Googleの検索エンジンの仕組を知ることは、効果的なSEOを実施したり、サイトの方向性を決定したりしていくためには欠かせない知識です。
Googleの仕組を理解しないと、デザインばかりが美しく、検索エンジンに全くひっかかってこないサイトが出来上がることにもなりかねません。

 

エンジニア以外の方もGoogleの検索エンジンについて、この記事でしっかりと理解をしておきましょう。

Googleの検索サイトで検索結果が出てくるまで

私たちが普通にキーワードを打ち込んで、それがGoogleの検索結果ページに出てくるまでには、以下の3つのプロセスが必要になります。

 

・クローリング
Googleが、個々のサイトにアップロードされているrobot.txtを読み取って、サイトや各ページの存在を確認するプロセス
・インデックス
存在を確認したサイトを検索用データベースに格納するプロセス
・ランキング
Googleが独自のアルゴリズムに従ってサイトの上位表示の順番を決定するプロセス

 

各プロセスで何が行われているのか、詳しく見てみましょう。

 

クローリング

クローリングによる情報収集は、もちろん手作業ではありません。クローラーと呼ばれる情報収集エンジンがインターネットを自動的に閲覧して、必要な情報を収集します。

この時収集される情報としてはまず、サイト構成や内部リンク構造、そしてmetaタグの中の情報などの、メタ情報、表示速度などの情報があります。

そして、私たちユーザーが直接目にするページの文字内容、画像、動画などのコンテンツ情報も同時に収集しています。

 

インデックス

クローラーによって収集された情報は、インデックス化されてデータベースに格納されます。インデックスとして格納されるとは、Googleが素早く情報検索できるように収集した情報をバラバラにして索引のようにする作業です。

 

サイトに掲示されている情報はいわば、本で言う目次です。一般ユーザーにとっては、書籍のはじめに目次があることによって、そのコンテンツの全体像がひと目で分かります。同じ様に、Googleは書籍の巻末付近にあるインデックス(索引)を作ることによって、どれが重要なサイトなのかを判断して検索結果に表示できるようになります。

 

ランキング

インデックスされた情報はGoogleの独自アルゴリズムに基づいて評価されます。この段階で収集されたサイトのランキングが決定されることになります。

 

気になるアルゴリズムですが、なんとその総数は200を超えると言われています。Googleはその詳細については公表していません。公表すると露骨にそのルールに沿ったSEO対策が行われてしまうからです。

 

概要については、Googleの公式サイトに「検索アルゴリズムの仕組み」として公開されています。 
https://www.google.com/search/howsearchworks/algorithms/

「検索意図の把握」「ウェブページの関連性」「コンテンツの品質」「ユーザビリティ 文脈の考慮」が大きな項目として挙げられていますので、ページを作成する際には常にチェックしておくことが大切になります。

 

Webマーケターが検索の流れを知るべき理由

それでは、ここまで整理してきたことを元に、非エンジニアが検索結果の上位に記事が掲載されるために果たすべき役割について、改めてそれぞれの段階で整理していきましょう。

 

マーケターがクロール段階についてなぜ知っておく必要があるのか

クローラーは、サイトの構造がユーザーに見やすく作られているかどうかをチェックします。したがって、内部リンクが適切に設計されていないと、クローラーに見つけてもらいにくくなります。カスタマージャーニーマップなどを作成し、サイト構造をしっかり設計しましょう。

マーケターがインデックス段階についてなぜ知っておく必要があるのか

サイト構造を設計した後は、Googleのインデックスに効果的に格納してもらえるようなコンテンツを作る必要があります。コンテンツ制作の内容自体は外部に外注するとしても、メタタグや階層構造(hタグ)などについて、適切に指示を出し納品チェックをすることが必要です。

マーケターがランキング段階についてなぜ知っておく必要があるのか

Googleはこれまで大きなアルゴリズムのアップデートを行っている。大きなアルゴリズムの変更によりランキングは激しく上下するので、いち早くどんなメジャーアップデートが行われて、どのような新しい対策を取るべきかを正確に判断する必要がある。

 

さいごに

このように、エンジニアだけがGoogleの検索の仕組みを知っておけばよいというものではありません。より上位に検索結果を表示してもらうためには、マーケター自信が最低限の検索エンジンの仕組を知っておく必要があるのです。

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop