Marketing Blog マーケティングブログ

2021.04.08

マーケティング

コンテンツマーケティングとは?3つのメリットと2つのデメリットについて解説!

ビジネスにおけるウェブの活用の重要性が年々上がってきているということもあり、コンテンツマーケティングに力を入れる企業が多くなってきています。

 

実際、マーケティング方法としてコンテンツマーケティングを取り入れたいと考えている経営者やマーケティングの担当者も少なくないかと思いますが、取り組むからにはしっかりとした成果を出せなくては意味がありません。

 

そこで今回は、コンテンツマーケティングについて詳しく紹介していきたいと思います。

コンテンツマーケティングの概要についてはもちろん、コンテンツマーケティングに取り組むことで得られるメリットや、コンテンツマーケティングのデメリットについても紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングは、その名の通り、コンテンツを活用したマーケティング手法です。

現在所有しているホームページ内のコンテンツを充実させたり、コンテンツマーケティングに特化したホームページを別で立ち上げ、そこにコンテンツを投入していき、マーケティングを進めていきます。

 

コンテンツマーケティングでは、展開しているコンテンツでユーザーを教育して自社のファンになってもらい、商品の購入やサービスへの申込みをおこなってもらうことを最終的なゴールとして設定し、取り組んでいきます。

 

コンテンツマーケティングでの主な集客方法はSEOで、ニーズのある検索キーワードに対してコンテンツを量産していくことでホームページへの集客をおこなっていきます。

 

コンテンツマーケティングに取り組むことで得られる3つのメリット

コンテンツマーケティングはさまざまなメリットのあるマーケティング手法です。

そのため、多くの企業がコンテンツマーケティングに参入してきています。

 

コンテンツマーケティングに取り組むことで得られるようになる代表的な3つのメリットについてみていきましょう。

 

1. ホームページへのアクセスを爆発的に増加させることができる

コンテンツマーケティングに取り組むことで得られる最大のメリットが、ホームページへのアクセスの爆発的な増加です。

コンテンツマーケティングはSEOでの集客がメインになると紹介してきましたが、検索ボリュームの大きいキーワードで上位表示することができれば、万単位でのアクセスが呼び込めるようになります。

 

また、検索ボリュームの少ないキーワードを狙い、複数の上位表示を実現することで、同様に万単位のアクセスが見込めるようにもなります。

 

2. 分析と改善がおこないやすい

マーケティングにおいて分析と改善は必要不可欠です。

ウェブでおこなうコンテンツマーケティングは、その点においても効果を発揮してくれます。

 

コンテンツマーケティングでは、グーグルアナリティクスやグーグルサーチコンソール、順位チェックツールを用いることでかなり細かなデータを取得することが可能です。

それらのデータを元にして分析と改善がおこなえるため、より精度の高い施策を展開していけるようになっています。

 

3. CVRを高めることができる

分析ツールで取得したデータを活用すれば、CVRを高めていくことも可能です。

実施した施策のデータを取得・分析していき、それらのデータを元に改善していくことで、導線の整備や顧客へのアプローチがより上手くおこなえるようになります。

 

それにより、CVRを極限まで高めていくことができるようになるわけです。

 

コンテンツマーケティングに取り組む際に注意したい2つのデメリット

魅力的なメリットのあるコンテンツマーケティングですが、デメリットがないわけではありません。

コンテンツマーケティングに取り組む場合まず注意しなくてはいけないのが、成果が出るまでに時間がかかるという点について。

 

コンテンツマーケティングではSEOからの集客がメインになりますが、SEOで評価してもらえるようになるまでには時間がかかります。

コンテンツを公開してすぐにアクセスが集まるようなことはありません。

どれだけ早くても半年はかかるので、コツコツと取り組んでいくことが重要になります。

 

また、年々難易度が増してきているという点もデメリットとしてあげられます。

今はコンテンツマーケティングの全盛期です。

 

そのため、競合も多いですし、競合が作成するコンテンツのレベルも高くなってきています。

コンテンツマーケティングで成果をあげるためにはこれらの競合に勝てるコンテンツを作成していく必要があるということを覚えておきましょう。

 

さいごに

コンテンツマーケティングについて詳しく紹介してきました。

コンテンツマーケティングの難易度は高くなってきていますが、今から取り組んだとしても充分成果をあげることは可能です。

 

コンテンツマーケティングはデメリット以上に魅力的なメリットがいくつもあるので、ぜひ前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか?

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop