Marketing Blog マーケティングブログ

2021.03.04

Webサイト制作

ホームページ作成にかかる費用の相場を制作会社の規模別に解説

企業のホームページであるコーポレートサイトを作っていく際に多くの方が最も気にする部分であると言えるのが、「ホームページの作成にかかる費用」について。

ホームページの作成は決して安いものではないので、いくらくらいかかるのかがわからず、依頼に踏み切れずにいるという方も少なくないかと思います。

 

そこで今回は、ホームページの作成にかかる費用の相場について紹介していきます。

ホームページの作成を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

ホームページの作成にかかる費用はどれくらい?

ホームページの作成にかかる費用の相場は、「どこに作成を依頼するか」によって大きく異なってきます。

これらの違いによって数十万円の差が出てくることも珍しくありません。

 

ホームページの作成を依頼する方法には、大きく分けると3つの方法があります。

それが、

 ・広告代理店に依頼する方法
 ・制作会社に依頼する方法
 ・フリーランスに依頼する方法

の、3つです。

 

そして、それぞれの方法で依頼した場合にかかる費用の相場については以下のとおりとなっています。

依頼先 規模 費用の相場
広告代理店 100万円~300万円
制作会社 大手 100万円~200万円
中規模 50万円~100万円
小規模 20万円~50万円
フリーランス 10万円~30万円

 

どういった規模のホームページを依頼するかによって異なってきますが、上記の費用を想定しておくといいかと思います。

上記の3つの方法の中でおすすめなのは、制作会社に依頼する方法です。

 

広告代理店に依頼した場合、結局は下請けの制作会社に作成を依頼することになるので、最初から制作会社に依頼する方が早いですし、費用を抑えることもできます。

また、フリーランスは個々人でのスキルの差がかなり大きく、良いWebデザイナーを探すのに手間がかかるのでおすすめできなくなっています。

制作会社の方が、妥当な費用で安定したサイト制作が依頼できる可能性が高いです。

 

制作会社に依頼する場合も会社の規模による違いがありますが、安すぎるところは避けるべきですし、高すぎるところもおすすめできません。

作成費用が安い会社はランニングコストが高くついてしまう場合が少なくありません。

 

なにより、安すぎたり会社の規模が小さすぎたりするとクオリティや今後の付き合いにも不安が生じてしまいます。

逆に作成費用が高い会社の場合ですが、費用が高い会社の中には、営業にお金をかけているだけで特別品質が高いわけではないという会社がたくさんあります。

 

そのため、「費用は高いのに納品されたホームページのクオリティはそこまで高くない」となってしまうことも少なくありません。

ですので、あまりにも安すぎる会社や高すぎる会社は極力選ばないようにしてください。

 

まとめ

ホームページの作成にかかる費用の相場について紹介してきました。

今回紹介してきたように、ホームページの作成にかかる費用は、「どこに依頼するか」によって大きく異なってきます。

 

ただ、ある程度しっかりとしたホームページを作成しようと思った場合、最低でも30万円以上ははかかると考えておくべきです。

フリーランスのWebデザイナーに依頼するなどすれば20万円以下で作成することも可能ですが、フリーランスへの依頼にはさまざまなデメリットがあるのであまりおすすめできません。

 

フリーランスのWebデザイナーにホームページの作成を依頼するメリットやデメリットについては以下の記事に詳しくまとめているので、ぜひこちらもチェックしてみてください。
>>ホームページ作成はフリーランスに依頼しても大丈夫?メリットとデメリットについて解説

 

実際いくら費用がかかるのかについては見積もりをとるまでわからないですし、相談する制作会社によっては想定よりも費用を抑えられるかもしれませんので、まずは気になる制作会社に相談するところから始められてみてはいかがでしょうか?

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop