Marketing Blog マーケティングブログ

2015.05.21

用語集

No.7 SNSの種類【LINE、Google+ 、Youtube】

こんにちは新人平田のWeb用語ブログです^^
前回に引き続き、SNSの種類をご紹介します!

●LINE

無料メール、無料通話ができるSNSです。

前回紹介した、Facebook、Twitter、Instagramが
「記事を投稿する」機能を使うことが多いのに対して、
LINEはプライベートな連絡手段として使われることが多いです。

スマホをお持ちの方は、連絡手段はメールよりLINE!という方も
多いのではないでしょうか?

スマートに、簡単に、連絡の取れるLINEですが、
プロモーションツールとして使う企業も多いです。

活用例をみてみましょう!

img_01

大手コンビニエンスストアのファミリーマートさんは
LINEの公式アカウントを持っています。

友達になると、限定クーポンや商品の紹介が送られてきます。
Facebookなどのタイムラインと違って、メッセージが流れず
個人にダイレクトに届きやすいのが特徴です。

●Google+

こちらは、Googleが提供するSNSで、2011年に誕生しました。
FacebookとTwitterの間のような存在です。

特徴としては・・・
・基本的には実名での利用であるが、Facebookほど厳しくない
・Twitterのように、承認なしにフォローできる
・投稿を、一般公開したり、限定公開したりできる
というものがあります。

企業が利用する上で嬉しいのは
「Google検索との関連性が高い!」という点です。
Googleのサービスであるため、Google検索結果と関係があり
SEO的にもビジネス利用に向いています

また、Google+ローカルというサービスがあり、通常のGoogle検索で
地図と店舗情報を表示させることができます!

img_02

このような形で地図上に表示させることができます。

●Youtube

Youtubeは動画を共有するSNSです。
他の動画SNSと比べて、長い動画をアップすることができ、
他のSNSへのシェアがしやすいです。

Youtubeを使った企業のプロモーションは色々方法があります。
商品のプロモーション動画をアップする。
TVCMのように、動画再生の合い間に流れる広告を出す
最近では、Youtubeで人気な動画をアップして広告収入を得ている
ユーチューバーをPRに起用する例もあります。

パナソニックさんの例がこちらです。
http://panasonic.jp/viera/youtuber/megwin.html

img_03

 

MEGWINさんというユーチューバーを起用して、自社の製品を紹介しています。

いかがでしたでしょうか!
今回はLINE、Google+ 、Youtubeの3つでした(^0^)

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop