Marketing Blog マーケティングブログ

2015.07.31

デザインについて

【文字って大事!(Webデザイン編)】

デザイナーの林です。

webデザイナーのみなさま、サイト作成上で
文字についてどれだけ重要視していますか?
コピーの内容も大事ですが、見た目の文字の扱い方ひとつで
情報が格段に伝わりやすくなるので軽視できません。

文字については語り尽くせない歴史や背景があるので
ここでは超簡単に触れてみます。

文字の種類

まず、文字には大きく二つに分けて
「ローマン体」と「サンセリフ体」があります。
文字のストロークの端にある小さな飾りをセリフと呼び
セリフがあるのがローマン体。
ないのがサンセリフ体です。
サンセリフとは(セリフがない)という意味です。

文字

日本語文字にもよく似た区別があって

あてはめると

ローマン体=主に明朝体
サンセリフ体=主にゴシック体になります。

他にも明朝体とゴシック体の中間のような書体や
装飾が施された書体、特定の場面にだけ使用される書体もあります。

書体の用途

書体にはそれぞれ適した用途があって

強弱をつけたり、感情やテンションを表現できたりします。

明朝体はその可読性の良さから長い文章に適しています。
新聞や小説などによく使われます。
ただし、太い明朝体は長文での可読性が落ちます。
webでよく見られますが、細いゴシック体で代用できたりします。

 
ゴシック体は可読性よりも視認性(遠くからでも確認できる)に優れています。
タイトルや小見出しに適しています。
ポスターや看板によく使われます。

文字の意義

情報を伝えるためにある文字は、内容とは別に
見た目の良さや読みやすさで大きく影響力が変わってきます。
優れた伝わるデザインには、美しい文字が存在します。
大昔、象形文字が形を表現したことから生まれたように
文字も「造形」です。
組版一つで芸術にもなりえるのです。

webデザインでの文字

文字に関して、webには多くのルールが存在し、制限がありますが、
動かしたり音を埋め込んだり、他にはできない特有の表現性もあり、日々進化しています。
情報は絶えず更新され、淘汰されていきますが、
適切な文字を選び、デザインすることで確実に消費者に伝わる組版を意識しましょう。
不思議と軽視されがちなバナーも、組版で大きく結果が変わるかもしれません。
そう考えると、文字を扱う楽しさも倍増しますね。

今回は簡単な文字の話になりましたが
次はもっと踏み込んだ文字の話をしたいと思います。

お困りのことがあれば、
お気軽にお問い合わせ
ご相談ください。

ホームページ作成 / スマホ対応 /
アクセス解析 / サーバー管理 / サイト更新

営業電話は電話ではなくパートナー募集メールフォームより入力してください

pagetop